学校


画像




    学校


非常時の、地震でほんとうにくるしんでるかたがおおぜいいらっしゃるときに、
こういうはなしはしないほうがいい、とおもいます。

けれども。



昨日の学校の懇談会という名の、
なんだろうなぁ、、わたしにとってはほんとうになんというか、びっくりなお話、
ちょこっとだけおしゃべりさせていただきたくって。



先日おしゃべりしていた学校のおはなし。

きのうね、日本中がこんなにたいへんななか、また、懇談会が行われました。



朝、学校からお電話がかかってきて、懇談会のはじまる15分くらい前に来てくださいとのこと。

校長室に呼ばれると
(あ、でも、校長は留守で、教頭先生から、だった。これも、う~~ん、ねぇ)
いろいろあるし、そちらの言い分もたしかにあるとはおもうけれども、
でも、会の前にまず謝罪をしていただけないか。また担任先生の名誉を守るため、担任が当初からそちらに注意していた、ということもあわせて言ってほしい、といわれました。
細かなお怒りやもろもろもあるだろうけど、
それを言い出すとまた騒ぎが大きくなるから、そういうことは黙っていてください、
多勢に無勢で辛い時間だとはおもうけれども、Kさん(わたしのことね)が謝罪をすれば丸く収まるから、
といわれました。



この前の会の阿鼻叫喚(というと、大袈裟だけど、かなり感情的な会だった)にも驚いたけど、
学校側のこの申し出にも驚いた、
心底驚いた。

ようは学校は体面なんだなぁ、とおもった。


ちょっと驚きのあまり無言でいると、
「これから2年間、また、中学も公立に行くなら、ここで謝っておかないと、ずっとKさんはつらい立場になりますよねぇ」と畳み掛けるように言われた。
「女子児童の父兄の間では連絡網ができていて、Kさんについてのはなしはもうすっかり広まっていますからねぇ」
「とにかく、授業中に先生に口応えしているのがKくんというのはたしかですしねぇ」
などと次々に畳み掛けるように。


はい、謝罪しました。
大勢のお母様の前で申し訳ございませんでした、と。

わたしもちょっと気が動転してたんでしょうね、
有無を言われない状況で、
でも、学校や担任先生の「名誉」を守るため、うちの愚息の名誉はどうでもいい、ってことに
結果なってしまったよね。



これに対して、わたしはこれ以降、どうすればいいのか、、、
正直ちょっと混乱しています。

でも、とにかく
わたしはこの学校をもう今後いっさい信用しない、校長先生も教頭先生もいっさい信用もしないし、期待もしない。
学校そのものにおおきな不信感を抱きました。

この「あなたが謝罪すれば、丸く収まるから」というような、理不尽なこと、、
にほんの学校のあちこちで日常茶飯事に行われていることなんでしょうか。
ほんとうに怒りを通り越して、呆れちゃう。

ただ、いまは。

学校があって、授業が滞りなく行われている、ということに感謝しなければいけませんね。


そして、いまは、こんなちっちゃいちっちゃいことよりも、
今すぐしなければいけないことがある。
そうおもう。
にほんじゅうが地震でたいへんで、みなで力をあわせよう、元気を出そう、としているとき。
今すぐ、じぶんにできることを捜して、見つけて、やってゆかなくっちゃ。

でも、この理不尽をほおっておいていいものか、どうか、、、
迷います。

みなさまはどうおもわれるか、

おききしたいなぁ、などとおもいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック