with coffee

アクセスカウンタ

zoom RSS ***a new cinema paradise year!***

<<   作成日時 : 2010/01/01 15:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

***a new cinema paradaise year!***







http://www.youtube.com/watch?v=4xV5Bb5Di5A






あけましておめでとうございます!


きのうも、
書きましたけど
なんだろう?
ばたばたばたっとあわただしいまま
年末年始を過ごしています^^;
みなさまは
いかがお過ごしでらっしゃいますか?
すてきなすてきな新年を過ごされておりますことを!!!



でね。
きのうは
読書三昧
日日月月読書耽日
晴耕雨読構想妄想を
つらつら書いちゃいましたが、
構想妄想ついでに
元旦は映画とか、映像とかに
日がな一日ひたって過ごす甘美な日々のおしゃべりをしますね。
元旦だもの、
宣言したことは叶うはず、
って信じて。



映画。
映画はずっとわたしのいちばんすきなことだった。
はず。
高校生のころだっけ?
映画のサークルなんかなかった高校で、
わたし、リーダーに?なって?
映画同好会なんてものもつくっちゃった。
長崎八ミリなんとか、ってとこから映画を借りてきて、
たしか
上映会をいちどしたっけ。
ふるい映画、クラシックな映画中心だったけど、
映画評を数人で書きまくって、
広報誌をいっしょけんめいにつくってた。
あのときの同好会のメンバーたちって、
いまどうしてはるのかなぁ・・・

大学生のときも
映画評論なんかを専門にやりたかったんだ、
卒論も映画論を書いては?って
張先生に薦められた。
男前だった張教授、いまはどうしてらっしゃるのかしらん、、、
映画のことを話し出すと
懐かしいお顔が次々に浮かんできて
逢いたくなる。

たぶん、
さいしょにディズニー映画を母に連れられて観たときから、
明日のジョー(なぜ、ジョーの映画を姉妹で観に行ったのか、なぞ)
で力石が死ぬシーンで、かたくかたく目をつぶってたときから、
いつだっけかのお正月に
「オリエント急行殺人事件」の映画を家族みなで観に行ったころから、
ずっとずっと映画好きだったから、
映画のことをおもいだすと
そのころにお世話になった
さまざまなかたのことをおもいだす。
同好会のころには
毎週、映画を観に行くこと!っていう課題を
じぶんたちに課してたから、
セントラル劇場、っていうちいちゃいきたない映画館にほぼ毎週通ってたっけ。
大学生のころには
おとこのこから
「一緒に出掛けよう」って誘われるたびに
映画館に行ってた。
新作映画はすべて、
ふるいすきな映画は何度も何度も観た。


それなのに、
いつからわたしは映画を見なくなっちゃったのか?



みつばちのささやき、
というスペイン映画がだいすきだった。
こういう映画をつくりたいのだ、
ってつよくつよくおもってた。
こどものころの記憶
戸惑い
不安
を、わすれないうちに
永遠に記録するために。

フランソワ・トリュフォーの映画が好きで、
ゴダールにも例によってちゃぁんとはまって、
エル・スールという
「みつばちのささやき」の続編が出て、
わたしは
それらをあっちこっちの映画館で観た。
京都やおおさかの川沿いのちいちゃい映画館や、
なぜだか
高槻とかでも観たんじゃなかったっけ?
パンフレットとか、分厚い写真集や、
ヴィデオも買った。
このトリュフォーの画面のこの淡くてかなしくてせつない色は
どうして映すのか?
みつばちのささやきの、
しずかに
沈黙する、饒舌な暗い色は
どうしたら切り取れるのか?
まるでバルチュスの絵画みたいに
おしゃべりで、寡黙で、暗い生命力に満ちた色。
あと、
ゴダールの映画の鮮烈に鮮やかな彩色たち。
わたしは
映画を知りたくって
カメラを手にした。
カメラでさえ、
ちいちゃいスチールのカメラでさえ、
おもうままにはならないのに。


映画を
映画館に観に行かなくなったのは、
もしかすると
ちいちゃい
わたしのスチールのカメラのなか
のせかいに
夢中になったころかもしれないね。



映画を
ふたたび
観始めたのは、
もう映画館じゃなくって、
レンタルヴィデオのおうち映画館で、だった。


たぶん、
すきなかたがいっぱいいてはる「ニューシネマ・パラダイス」
あぁ、
だいすき!ってだけでいいのね、
って、なんだかすごく安心しちゃった。
ホッと肩の荷が下りて。

おうち映画館で
それからいっぱいいっぱい映画は観た。
まだあかちゃんだった長男も映画大好きだったから、
いっぱいいっぱい一緒に観た。
フランスとかスペインとかイタリアの映画好きだった我が家に
トム・クルーズとかブルース・ウィリスの映画を、だんなさまが持ってきて、
もう
映画のたのしさに
家族中が夢中になった!!


ことしは
ちびしろちゃんも3歳だから、
映画館デヴューもいいかも。
「かいじゅうたちのいるところ」は
映画館デヴューにぴったりかも!
木村拓哉さんの出る宇宙戦艦ヤマトは映画館で観れるの?
パパのiフォンで、こわ〜〜い映画の予告編を
いっつも「こわ〜いこわ〜い!」言いつつ
よろこんで観るちびしろちゃん。
まじでこわがるおにいちゃん。
映画館デヴューの2010年にしようね!


でもね。
むかし
映画をつくりたい!
こんな映像だったら
じぶんたちのきもちが載せられる!って
意気込んでたきもち、
あのきもちの行き場をわたしは
いまも、
ときどき探している。
ただただ、だいすき!っていうだけでいい、
映画ってたのしいものだもの、
って気がついて
映画三昧たのしめるようになったけど、
でもでも、
ときどき
暮れてゆくすみれいろ
なにかのご褒美みたいに、ひかりのさしこむ一瞬に
出逢うとき、
きゅうに
せつなくなる。
なにか
どこかに
忘れてきたような気がして。



映画をいっぱいいっぱいいっぱい
借りてきて、
おおきめの画面
(あぁ、まりあこの42型アクオスちゃん!!!→まだ壊れたまんま・・)
で、日がないちにち映画三昧。
トリュフォーとかフランス映画もいいけど、
お正月気分には
ジャン・レノの映画を新旧ぜんぶ!観るとか、
実写と、アニメーションの映画を見比べる、とか、
そういうのもいいなぁ・・・
あとねあとね、
むかしの映画とリメイクと、両方観る!とか。
ニキータ、とアサシン、とか。
そうそう、
お芝居はあんまり観てないわたしだけど、
年末のテレヴィで
ガリレオを見てたら、
堤真一さんがめちゃくちゃすごい役者さんでびっくりした!
堤真一さん、お芝居いっぱいしてはるから
観に行きたくなりました。


映画におもうこと、
いっぱいいっぱいあるけど、
いまは
ことしは
とにかく
ちびしろちゃん映画館デヴューの年に!
そして
みんなで(家族で、まりあこで)
映画をいっぱいいっぱいたのしめる年にしたいな。

そして、
いつかまた
映画に
じぶんのゆめを重ねられるときがくることを
ゆめみたい。
映画館、
うみべにはないのね。
神戸のうみべの映画館、
できたりするのもいいかなぁ・・・
ニューシネマパラダイスみたいに。
あと、
映画をうみべで撮りたいな、
いつかね。


2010年
アクオスちゃん、なんとかしちゃって、
映画会もしまぁす!
えいがみようね。

ふくふくろ、
映画会、
まりあこのことし
いっぱいいっぱいたのしみに
いらしてね。
あそびにきてね。
待ってるね。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
***a new cinema paradise year!*** with coffee/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる